コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑殺 ショウサツ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐さつ〔セウ‐〕【笑殺】

[名](スル)
大いに笑わせること。また、あざわらうこと。「愚問を発して散々笑殺された」
笑うだけで全く問題にしないこと。一笑に付すこと。「提案は簡単に笑殺された」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうさつ【笑殺】

( 名 ) スル
〔「唐書鄭綮伝」より。「殺」は意味を強める助字。大いに笑う意〕
笑って相手にしないこと。一笑に付すこと。 「妥協案は-された」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

笑殺の関連キーワード殺・冊・刷・刹・察・撒・撮・擦・札・殺・薩・颯人体模型の夜金井 謹之助吉増剛造中島らもヌシッチ聖遊廓愚問助字提案

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android