助字(読み)ジョジ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐じ【助字】

漢文で、名詞・動詞・形容詞などのいわゆる実字虚字を助ける語をいう。断定・詠嘆・疑問などを表す「也」「矣」「」や、前置詞の「於」「与」、疑問詞の「何」「誰」などがある。助辞。虚字。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょじ【助字】

漢文で、文の組み立てを助ける付属語。文末の「也・焉・哉・乎」、文中で助詞的機能を果たす「於・于・者・之・而」、動詞の態を示す「被・使・令」などの類。助語。助辞。 → 実字

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の助字の言及

【助辞】より

…ここにいう助辞とは漢文(中国古典語)のいくつかの品詞の総称であって,江戸時代の漢学者はおおむね〈助字〉と呼ぶが,近代中国の文法学者が〈虚詞〉(または〈虚字〉)と称するものにあたる。中国の文法では,品詞を大きく分けて〈実詞〉と〈虚詞〉の二類とする。…

※「助字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android