コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笑福亭松鶴(初代) しょうふくてい しょかく

1件 の用語解説(笑福亭松鶴(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笑福亭松鶴(初代) しょうふくてい-しょかく

?-1866 江戸時代後期の落語家。
2代笑福亭吾竹(ごちく)の門人。「大津絵」の替え歌で名をあげ,音曲(おんぎょく)入りの噺(はなし)を得意とした。大坂で楊弓屋をいとなみ,頭の形から火消し壺とよばれた。慶応2年1月死去。前名は松喬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笑福亭松鶴(初代)の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone