多治見市(読み)たじみ

  • たじみし〔たぢみ〕
  • 多治見〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岐阜県南部,庄内川の上流土岐川沿いにある市。1940年市制。1944年小泉村,池田村の 2村,1951年市之倉村と笠原町(1952分立),1960年姫治村の一部をそれぞれ編入。2006年笠原町を編入。中世土岐氏の一族多治見氏の拠点として発展。良質の陶土を含む新第三紀層にあるため,古くから陶器製造が発達。安土桃山時代には名器を出し,美濃焼の名を高めた。中央本線開通後は付近の陶磁器集散地も兼ね窯業都市として発展。大規模な陶磁器流通団地がある。市街地の多治見駅付近は陶磁器店が集中しており,多治見市美濃焼ミュージアムなどもある。虎渓山に建つ永保寺開山堂,観音堂は国宝庭園は国指定名勝),古虎渓は有名。国道19号線,248号線が通り,中央自動車道のインターチェンジがある。面積 91.25km2(境界未定)。人口 11万441(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android