コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃三河高原 みのみかわこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美濃三河高原
みのみかわこうげん

岐阜県南東部から愛知県北東部にまたがる高原状山地。美濃高原三河高原とを合わせた呼称。北部は飛騨山地および飛騨山脈,西部は両白山地,東部は木曾山脈に続き,北東から南西に向かって漸次傾斜する。高原上は標高ほぼ 1000mから 2000mで,数段階の高さに分かれ,小起伏する丘陵,小盆地,丘陵を開析する峡谷がある。地質は花崗岩類を主とし,一部は新第三紀層や火成岩からなり,東濃地域は新第三紀層中に陶土を含む。南部は香嵐渓などの景勝地のある愛知高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みのみかわ‐こうげん〔みのみかはカウゲン〕【美濃三河高原】

岐阜県南東部の美濃高原と愛知県北東部の三河高原の総称陶土が豊富で、陶磁器生産地として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

美濃三河高原【みのみかわこうげん】

岐阜県南東部の美濃高原と,南に続く愛知県北東部の三河高原の総称。前者は花コウ岩類,古生層,第三紀層からなり,後者は花コウ岩が主。標高500〜1000mの隆起準平原で,木曾川矢作(やはぎ)川などが深い谷を刻む。
→関連項目旭[町]足助[町]稲武[町]岡崎[市]岐阜[県]設楽[町]東栄[町]豊田[市]額田[町]濃尾平野

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岐阜県〕美濃三河高原(みのみかわこうげん)


岐阜県南部から愛知県東部にわたる高原状山地。木曽(きそ)山脈(中央アルプス)の南縁に広がる。標高約300~1000m。花崗(かこう)岩からなる緩やかな隆起準平原。矢作(やはぎ)川・豊(とよ)川・木曽川などが深く浸食し、峡谷もみられる。東濃(とうのう)地方は良質の陶土を産する窯業地帯。多目的ダムが多く、水資源開発が盛ん。中部は愛知高原国定公園に属する。岐阜県側は美濃高原、愛知県側は三河高原ともよばれる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美濃三河高原
みのみかわこうげん

岐阜県東濃(とうのう)地方、愛知県三河山地および長野県南部を含む。ほとんどが花崗(かこう)岩を主とし、一部火成岩、第三紀層からなる高原性山地。隆起準平原であり、各地に活断層が発達し、地形はかなり複雑である。準平原特有の小起伏面は四段認められる。最高部の段戸面は1000メートル内外、第二面は東濃明智串原(あけちくしはら)面で700~800メートル、第三面は三河高原の400~600メートル、第四面の三河低地面は100~300メートル内外。大部分は矢作(やはぎ)川本・支流と豊川(とよがわ)水系によって開析谷ができ、東部は天竜川水系、西部は木曽(きそ)川・土岐(とき)川水系に属している。開析谷の谷底部と低位の平坦(へいたん)面は集落・農耕地に利用されているが、大部分の地域は山林である。若返った幼年谷が多く、根羽(ねば)川、大木戸川、大入(おおにゅう)川、巴(ともえ)川、乙川などは渓谷美に優れる。南信高原の阿南(あなん)町新野(にいの)や売木(うりき)村は高原上の小盆地で、比較的まとまった集落、農耕地が発達している。鳳来寺(ほうらいじ)山、茶臼(ちゃうす)山、丸山などには第三紀中ごろに噴出した安山岩、玄武岩などがみられ、著名な観光地として開発されている。西部の東濃地方は、第三紀層中に良質な陶土を産し、窯業特化地域を形成。中津川市、恵那(えな)市では、近年先端技術の集積による工業団地の新たな開発が推し進められている。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

美濃三河高原の関連キーワード天竜奥三河国定公園多治見[市]中津川[市]中央アルプス恵那[市]額田[町]稲武[町]足助[町]豊田[市]下山[村]鳳来[町]小原[村]作手[村]音羽[町]瀬戸[市]藤岡[町]瑞浪[市]東栄[町]岡崎[市]下山〈村〉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android