コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠松佐太夫 かさまつ すけだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠松佐太夫 かさまつ-すけだゆう

1596-1673 江戸時代前期の殖産家。
慶長元年生まれ。紀伊(きい)有田郡山保田荘(やまのやすだのしょう)(和歌山県清水町)の大庄屋となり,農民を困窮からすくうため私財をなげうって水路をひらく。また大和(奈良県)吉野から紙すき職人をまねいて保田紙作りの基礎をきずいた。寛文13年6月19日死去。78歳。紀伊日高郡出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笠松佐太夫の関連キーワード北村季吟慶長の大地震カロンヴィルマンカロン道具屋節野呂松遣い延宝井原西鶴検地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android