笠松佐太夫(読み)かさまつ すけだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠松佐太夫 かさまつ-すけだゆう

1596-1673 江戸時代前期の殖産家。
慶長元年生まれ。紀伊(きい)有田郡山保田荘(やまのやすだのしょう)(和歌山県清水町)の大庄屋となり,農民を困窮からすくうため私財をなげうって水路をひらく。また大和(奈良県)吉野から紙すき職人をまねいて保田紙作りの基礎をきずいた。寛文13年6月19日死去。78歳。紀伊日高郡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android