コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠松宏至(読み)かさまつ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠松宏至 かさまつ-ひろし

1931- 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和6年8月8日生まれ。東大史料編纂(へんさん)所にはいり「大日本古文書」の編修に従事,昭和54年東大教授となる。のち神奈川大教授。中世法制史を研究。法習慣をとおして中世の人々の思想,行動の解明をすすめる。東京出身。東大卒。著作に「日本中世法史論」「法と言葉の中世史」「中世人との対話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠松宏至の関連情報