笠森稲荷(読み)かさもりいなり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠森稲荷
かさもりいなり

東京都台東区谷中感応寺の西に鎮座。大円寺俗称。笠森を守 (かさもり) と解し,瘡病に効験ありとされ,団子を供える習慣がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かさもり‐いなり【笠森稲荷】

大阪府高槻市西真上にある笠森(かさのもり)神社の通称。近世前期ごろから瘡(かさ)除けの神として庶民の信仰を集めた。江戸には、谷中感応寺西黒門際、谷中大円寺境内、小石川御薬園北の三か所に勧請されて、いずれも、「笠森(かさもり)」を「瘡守(かさもり)」と解して、皮膚病に利益があるとされていたが、感応寺門前のものが、もっとも著名であった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android