コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠森稲荷 かさもりいなり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠森稲荷
かさもりいなり

東京都台東区谷中感応寺の西に鎮座。大円寺の俗称。笠森を瘡守 (かさもり) と解し,瘡病に効験ありとされ,団子を供える習慣がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かさもり‐いなり【笠森稲荷】

大阪府高槻市にある笠森(かさのもり)神社の通称。また、そこから勧請(かんじょう)された神社。江戸谷中にあったものが著名。瘡(かさ)(皮膚病)よけに利益があるとされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone