コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠森鶴舞県立自然公園 かさもりつるまいけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠森鶴舞県立自然公園
かさもりつるまいけんりつしぜんこうえん

千葉県中部,房総半島の中央丘陵部を占める自然公園。面積 19.48km2。 1966年指定。笠森観音は南総一の名刹で,坂東三十三ヵ所中第 31番の札所。最澄の建立になり,境内はスギ,クワなどの原生林におおわれる。観音堂重要文化財に指定され,日蓮自筆の法華経がある。鶴舞は明治初年まで井上氏6万石の城下町で,房総の軽井沢とも呼ばれる快適な地。町並み全体に街路樹としてサクラが植えられ,サクラの開花時期に高所に登れば,5000本の美を楽しむことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

笠森鶴舞県立自然公園の関連キーワード長柄町長南町市原市札所名刹

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android