コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第二種住居地域 ダイニシュジュウキョチイキ

デジタル大辞泉の解説

だいにしゅ‐じゅうきょちいき〔‐ヂユウキヨチヰキ〕【第二種住居地域】

都市計画法で定められた用途地域の一。主として住居の環境を保護するために定められる地域。住宅のほか、1万平方メートル以下の店舗・事務所や、遊技場・娯楽施設・ホテル、住環境を悪化させない小規模工場なども建設が認められる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

第二種住居地域の関連キーワード住居地域

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第二種住居地域の関連情報