コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第5次全国総合開発計画 だいごじぜんこくそうごうかいはつけいかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第5次全国総合開発計画
だいごじぜんこくそうごうかいはつけいかく

国土開発法に基づいて 1998年3月に閣議決定された新しい総合開発計画。「21世紀の国土のグランドデザイン」と銘打ち,参加と連携をキーワードに,おおよそ 2010年から 2015年を目標に据えた。東京一極集中型から転換するため,従来の太平洋ベルト地帯に加えて新しく太平洋新国土軸,日本海国土軸,西日本国土軸,北東国土軸を想定し,地域の要望を反映した多自然居住地域の創造を柱の1つにした。さらに大都市のリノベーション,アジア周辺諸国を含めた広域国際交流圏の創造,開発より自然といった目新しい戦略を盛込んだ。一方で,交通インフラの整備に重点を置いた海峡横断計画が6本策定されるなど,巨大開発計画型を脱していないとの批判もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

第5次全国総合開発計画の関連キーワード長大橋プロジェクト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android