笹野権三(読み)ササノゴンザ

大辞林 第三版の解説

ささのごんざ【笹野権三】

人形浄瑠璃「鑓やりの権三重帷子かさねかたびら」の主人公。茶道の師浅香市之進の妻おさいと密通したとぬれぎぬを着せられ逃げるが、市之進に討たれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ささの‐ごんざ【笹野権三】

近松門左衛門の浄瑠璃「鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)」の登場人物。浅香市之進の妻おさいと不義の汚名を着せられて駈け落ちし、のち市之進に討たれる。享保二年(一七一七)、大坂高麗橋の妻敵討(めがたきうち)を題材として劇化する際に、もとは歌謡に歌われた笹野権三郎を取り入れて創作したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android