コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑓の権三(ごんざ)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鑓の権三 やりのごんざ

近松門左衛門の浄瑠璃(じょうるり)「鑓の権三重帷子(かさねかたびら)」の主人公。
出雲(いずも)松江藩の表小姓で鑓の名手。名は笹野権三。茶道師範浅香市之進の妻女おさゐとの不義をうたがわれ,女敵(めがたき)討ちにあう。享保(きょうほう)2年(1717)大坂高麗(こうらい)橋でおきた女敵討ちを,元禄(げんろく)期に流行した伊達男(だておとこ)権三の俗謡に仮託して劇化したもの。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鑓の権三

江戸時代,歌謡に歌われ,近松門左衛門作「鑓の権三重帷子」などの主人公として描かれた人物。元禄期(1688~1704)に流行った歌謡に「どうでも権三はぬれ者だ,油壺から出すやうな男」と歌われ,同10年ごろに大坂の歌舞伎で演じられた。この人物を,近松は,享保2(1717)年に大坂高麗橋で起きた女敵討ち事件を劇化した「鑓の権三重帷子」に登場させた。実際の事件は,松江の松平家中池田文次(軍治)が同家中茶道役正井宗味の妻と密通したというもので(『月堂見聞集』『鸚鵡籠中記』),この文次を劇中では権三としたのである。鑓の権蔵という男伊達が実在したともいう(宗政五十緒「『鑓の権三重帷子』の作劇法」)。

(近藤瑞男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鑓の権三(ごんざ)の関連キーワード替へ替へ・換へ換へごくに立たずちらりほらり手持ち悪しくすみきる節振る舞ひうろうろ眼古身・古刃法界悋気片手擲り言ひ入れ顔の道具逃げ吠え屏風返し口を切る一生一世茶の間堪へ性我慢者心頼み

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android