コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑓の権三(ごんざ)

3件 の用語解説(鑓の権三(ごんざ)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鑓の権三(ごんざ)

1986年公開の日本映画。監督:篠田正浩、原作:近松門左衛門による浄瑠璃鑓の権三重帷子』、脚色:富岡多恵子。出演:郷ひろみ岩下志麻火野正平田中美佐子竹中直人、浜村純、小沢昭一ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鑓の権三 やりのごんざ

近松門左衛門の浄瑠璃(じょうるり)「鑓の権三重帷子(かさねかたびら)」の主人公
出雲(いずも)松江藩の表小姓で鑓の名手。名は笹野権三茶道師範浅香市之進の妻女おさゐとの不義をうたがわれ,女敵(めがたき)討ちにあう。享保(きょうほう)2年(1717)大坂高麗(こうらい)橋でおきた女敵討ちを,元禄(げんろく)期に流行した伊達男(だておとこ)権三の俗謡に仮託して劇化したもの。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鑓の権三

江戸時代,歌謡に歌われ,近松門左衛門作「鑓の権三重帷子」などの主人公として描かれた人物。元禄期(1688~1704)に流行った歌謡に「どうでも権三はぬれ者だ,油壺から出すやうな男」と歌われ,同10年ごろに大坂の歌舞伎で演じられた。この人物を,近松は,享保2(1717)年に大坂高麗橋で起きた女敵討ち事件を劇化した「鑓の権三重帷子」に登場させた。実際の事件は,松江の松平家中池田文次(軍治)が同家中茶道役正井宗味の妻と密通したというもので(『月堂見聞集』『鸚鵡籠中記』),この文次を劇中では権三としたのである。鑓の権蔵という男伊達が実在したともいう(宗政五十緒「『鑓の権三重帷子』の作劇法」)。

(近藤瑞男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鑓の権三(ごんざ)の関連キーワードおまん源五兵衛夕霧阿波鳴渡碁盤太平記巣林子忌近松近松忌孕常盤曽我会稽山百日曽我世継曽我

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone