コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等煕 とうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等煕 とうき

1396-1462 室町時代の僧。
応永3年11月生まれ。万里小路嗣房(までのこうじ-つぐふさ)の子。京都清浄華院(しょうじょうけいん)の定玄(じょうげん)にまなび,同院をつぐ。称光天皇の病気を祈祷(きとう)でなおしたことから,後小松上皇や将軍足利義持(よしもち)らの帰依(きえ)をうけ,浄土宗一条派の全盛時代をきずく。浄土宗ではじめて国師号(仏立慧照国師)をおくられた。寛正(かんしょう)3年6月11日死去。67歳。字(あざな)は僧任。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

等煕の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android