コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等煕 とうき

1件 の用語解説(等煕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等煕 とうき

1396-1462 室町時代の僧。
応永3年11月生まれ。万里小路嗣房(までのこうじ-つぐふさ)の子。京都清浄華院(しょうじょうけいん)の定玄(じょうげん)にまなび,同院をつぐ。称光天皇の病気を祈祷(きとう)でなおしたことから,後小松上皇や将軍足利義持(よしもち)らの帰依(きえ)をうけ,浄土宗一条派の全盛時代をきずく。浄土宗ではじめて国師号(仏立慧照国師)をおくられた。寛正(かんしょう)3年6月11日死去。67歳。字(あざな)は僧任。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

等煕の関連キーワード小笠原持長蓮田兵衛焼却施設満蒙開拓青少年義勇軍専照寺鄭麟趾渋川満頼鹿島幹重渋川満頼道阿弥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone