コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原持長 おがさわら・もちなが

朝日日本歴史人物事典の解説

小笠原持長

没年:寛正3.6.15(1462.7.12)
生年:応永3.6.22(1396.7.27)
室町時代の武将。長将を父として京都四条館に生まれる。母は幕府有力者畠山持国のもと妻。右馬助,民部大輔,大膳大夫,信濃守。大塔合戦大文字一揆らと戦ったことで有名な叔父の長秀が弟の政康に家督を譲る際,「子供がないときには彦次郎(持長)に譲れ」と条件をつけていたため,政康の嫡男宗康と家督を争うことになった。文安2(1445)年,幕府は宗康に家督を相続させたが,持長はこれを不満とし,翌年水内郡漆田原(長野市)の合戦で宗康を討ち取った。しかし幕府の命に背いた持長に家督相続はかなわなかった。その後小笠原氏宗家は伊賀良荘(飯田市)から府中(松本市)へと次第に勢力を伸ばしたが,持長は府中に基盤を置き,その子孫が府中小笠原氏となった。宝徳1(1449)年ごろから享徳1(1452)年ごろまで信濃守護を務めているが,その背景には畠山氏の管領職就任があった。

(笹本正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の小笠原持長の言及

【小笠原流】より

…武家諸礼式,弓馬礼法の一流。小笠原氏の弓馬礼式に関して,従来の通説では,《寛政重修諸家譜》や《続群書類従》に収める〈小笠原系図〉の所説によって,鎌倉初期に清和源氏の末小笠原長清が,源頼朝・頼家に弓馬の秘法を伝授し,また長清5代の末貞宗は後醍醐天皇に《修身論》を献じ,その子政長が足利尊氏の師となり,以来,信濃守護小笠原家は長基が義満の師範,政康が義教の師範,持長が義政の師範を務めるなど,歴代将軍の弓馬師範となったとされている。…

※「小笠原持長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小笠原持長の関連キーワード蓮田兵衛首都圏の待機児童イワンイワン[3世]曼陀羅寺近衛政家多賀高忠伊達持宗中院通秀日朝

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone