コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等覚寺(とかくじ)の松会

1件 の用語解説(等覚寺(とかくじ)の松会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

等覚寺(とかくじ)の松会

福岡県京都郡苅田町に伝わる神事。白山多賀神社神域で、4月に行われる。この地には廃仏毀釈までは修験道の拠点であった等覚寺があり、名称はその名残り。獅子舞、薙刀舞や、柱松に施主が上って大幣の幣串を切り落とす「幣切り」などの行事を行い、五穀豊穣、国家安泰を祈願する。1998年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

等覚寺(とかくじ)の松会の関連キーワード福岡県京都郡苅田町集福岡県京都郡苅田町稲光福岡県京都郡苅田町尾倉福岡県京都郡苅田町苅田福岡県京都郡苅田町谷福岡県京都郡苅田町馬場福岡県京都郡苅田町提福岡県京都郡苅田町松山福岡県京都郡苅田町山口福岡県京都郡苅田町与原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone