コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等覚寺(とかくじ)の松会

デジタル大辞泉プラスの解説

等覚寺(とかくじ)の松会

福岡県京都郡苅田町に伝わる神事。白山多賀神社神域で、4月に行われる。この地には廃仏毀釈までは修験道の拠点であった等覚寺があり、名称はその名残り。獅子舞、薙刀舞や、柱松に施主が上って大幣幣串を切り落とす「幣切り」などの行事を行い、五穀豊穣、国家安泰を祈願する。1998年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

等覚寺(とかくじ)の松会の関連キーワード福岡県京都郡苅田町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android