コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等覚寺(とかくじ)の松会

1件 の用語解説(等覚寺(とかくじ)の松会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

等覚寺(とかくじ)の松会

福岡県京都郡苅田町に伝わる神事。白山多賀神社神域で、4月に行われる。この地には廃仏毀釈までは修験道の拠点であった等覚寺があり、名称はその名残り。獅子舞、薙刀舞や、柱松に施主が上って大幣の幣串を切り落とす「幣切り」などの行事を行い、五穀豊穣、国家安泰を祈願する。1998年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone