コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋固縮 きんこしゅくmuscle rigidity

世界大百科事典 第2版の解説

きんこしゅく【筋固縮 muscle rigidity】

筋緊張(筋トーヌス)の亢進した状態の一つ。rigidityは硬直,強剛,強直とも訳されることがあり注意を要する。四肢の筋肉が緊張状態にあって,それを他動的に曲げたり伸ばしたりするとき,当初から抵抗を感じる。その抵抗は,筋痙縮と異なり,屈曲,伸展の速さとか,動作の初めと終りなどの経過に関係なく,ほぼ一定であり,鉛管現象leadpipe phenomenonあるいは可塑性固縮plastic rigidityと呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の筋固縮の言及

【筋痙縮】より

…筋痙縮は,脳卒中による片麻痺や脊髄損傷による対麻痺など,随意運動をつかさどる錐体路系の障害で出現する。 なお実際上は筋固縮muscle rigidityと共存している場合もあり,そのような場合は強剛痙縮(固痙縮)rigidospasticityと呼ぶ。【水沢 英洋】。…

【筋痙縮】より

…筋痙縮は,脳卒中による片麻痺や脊髄損傷による対麻痺など,随意運動をつかさどる錐体路系の障害で出現する。 なお実際上は筋固縮muscle rigidityと共存している場合もあり,そのような場合は強剛痙縮(固痙縮)rigidospasticityと呼ぶ。【水沢 英洋】。…

※「筋固縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋固縮の関連情報