強剛(読み)キョウゴウ

デジタル大辞泉 「強剛」の意味・読み・例文・類語

きょう‐ごう〔キヤウガウ〕【強剛】

[名・形動]強くて屈しないこと。手ごわいこと。また、そのさま。
市九郎の―なる意志を、知りぬいて」〈菊池寛恩讐の彼方に
[類語]強い強力強大無敵最強力強い・勝負強い・屈強強豪剛強一騎当千手ごわい精強多力強烈強勢パワフル強靭精鋭破竹の勢い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「強剛」の意味・読み・例文・類語

きょう‐ごうキャウガウ【強剛】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) 強くて屈しないこと。手ごわいこと。また、その人。
    1. [初出の実例]「言は道原が強剛なる事は、孔融が不曹操如く、汲黯張湯を軽じたるが如きぞ」(出典四河入海(17C前)二〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android