筒先(読み)つつさき

精選版 日本国語大辞典「筒先」の解説

つつ‐さき【筒先】

〘名〙
のさき。筒の先端の部分。
※雑俳・伊勢冠付(1772‐1817)「恋軍・筒を望まして居」
② 特に、鉄砲銃身や、大砲砲身の先端。銃口
※俳諧・貝おほひ(1672)二〇番「あぶなき筒先(ツツサキ)、足ばやに迯のき侍りぬ」
③ (②から転じて) 攻撃の正面矢面
滑稽本・八笑人(1820‐49)三上「取次の者があちらを向ましたから、此うち早くお上りなさい、とても筒先へはむかはれません」
消防ポンプホースの筒の先の操作を受け持つ消防士。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android