矢面/矢表(読み)ヤオモテ

デジタル大辞泉の解説

や‐おもて【矢面/矢表】

2が原義》
質問や非難などをまともに受ける立場。「―に立って答弁する」
敵の矢の飛んでくる正面。
「―に進んだる者二騎、射落とされぬ」〈古活字本保元・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やおもて【矢面】

矢の飛んで来る正面。 「大将軍の-にふさがりければ/平家 11
抗議・質問・非難などをまともに受ける立場。
[句項目] 矢面に立つ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android