コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒形石製品 つつがたせきせいひん

1件 の用語解説(筒形石製品の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つつがたせきせいひん【筒形石製品】

古墳時代の石製品の一種で,下底部がやや太くなった筒状を呈する。高さ5~9cm,最大径3~4cm。上面から縦に袋状の孔をうがち,底面はふつう凸面や平面に仕上げる。側面に突稜をめぐらせるものがある。ほとんどが碧玉製で,まれに水晶製がある。出土古墳は全国で20基に満たないが,いずれも4世紀代に編年され,そのほとんどが畿内および東日本に所在する。1棺あたりの出土数をみると,1個の場合もあれば,複数個を数える場合もあり,奈良県橿原市一(かず)町の新沢(しんざわ)500号墳の5個を最高とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筒形石製品の関連キーワード記述的調査円墳石製模造品横穴式石室石釧石製品中浮け江良弘法山古墳群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone