コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉杖 ぎょくじょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくじょう【玉杖】

日本の古墳から出土する,4世紀代の碧玉製品のひとつ。複数の大型管玉を鉄芯で貫き,上部の湾曲したT字形の杖頭をつける。杖頭の形態には差があり,T字形の両端を二またにしたもの,両側に勾玉各1個をつくりだしたものがある。下端に碧玉製の石突がつく。全長20~50cm。さらに,1959,60年の奈良県桜井市高田メスリ山古墳の発掘調査では,頂部に角形突起2個を紐で緊縛するもの,頂部の深い十字形溝に2個の翼状飾を相欠き接ぎにして落とし,十字形の立ち飾を構成するものの存在が知られ,杖頭の形態に新例が加わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉杖の関連情報