コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筕篖 アンペラ

大辞林 第三版の解説

アンペラ【筕篖】

〔一説にポルトガル amparo(日覆い)からとする。「筕篖」とも書く〕
カヤツリグサ科の多年草。インド・マレー地方原産。茎は直立し1メートルほど、下部に数枚の鱗片葉がある。アンペラ藺
の茎で編んだ筵むしろ。 「鬼とも組むべき男ども-取つて敷かすやら/浄瑠璃・博多小女郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アンペラ

《〈ポルトガルamperoまたは〈マレー〉ampelaから》
カヤツリグサ科の多年草。湿地に生え、高さ0.5~2メートル。葉は退化して鱗片(りんぺん)状。茎の繊維は強く、むしろの材料にする。熱帯地方の原産で、中国南部などで栽培する。アンペラ藺(い)。
1の茎を打って編んだむしろ。
[補説]「筕篖」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

筕篖の関連キーワードカヤツリグサ科多年草浄瑠璃マレー湿地鱗片

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android