コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箇学光真 こがく こうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箇学光真 こがく-こうしん

1496-1558 戦国時代の僧。
明応5年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)の真言宗大山寺で密教をまなぶ。のち曹洞(そうとう)宗に転じ,甲斐(かい)(山梨県)広厳(こうごう)院の以船文済(いせん-ぶんさい)の法をついだ。永禄(えいろく)元年3月7日死去。63歳。相模出身。俗姓大庭

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

箇学光真の関連キーワード拈橋倀因戦国時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android