コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以船文済 いせん ぶんさい

1件 の用語解説(以船文済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

以船文済 いせん-ぶんさい

1457-1547 室町-戦国時代の僧。
長禄(ちょうろく)元年生まれ。密教をまなんだが曹洞(そうとう)宗に転じ,下野(しもつけ)(栃木県)大中寺の培芝正悦(ばいし-しょうえつ)に師事。のち甲斐(かい)(山梨県)広厳院の俊屋桂彦(しゅんおく-けいげん)の法をつぐ。天文(てんぶん)8年広厳院住持。武蔵(むさし)多西郡(たさいぐん)平井郷(東京都)の宝光寺をひらいた。天文16年9月10日死去。91歳。武蔵豊島郡(東京都)出身。俗姓は岡部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

以船文済の関連キーワード木幡雅遠戦国箕外需糠経尋玄性性守昌地道賀等耕楊富