コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以船文済 いせん ぶんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

以船文済 いせん-ぶんさい

1457-1547 室町-戦国時代の僧。
長禄(ちょうろく)元年生まれ。密教をまなんだが曹洞(そうとう)宗に転じ,下野(しもつけ)(栃木県)大中寺の培芝正悦(ばいし-しょうえつ)に師事。のち甲斐(かい)(山梨県)広厳院の俊屋桂彦(しゅんおく-けいげん)の法をつぐ。天文(てんぶん)8年広厳院住持。武蔵(むさし)多西郡(たさいぐん)平井郷(東京都)の宝光寺をひらいた。天文16年9月10日死去。91歳。武蔵豊島郡(東京都)出身。俗姓は岡部。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

以船文済の関連キーワード箇学光真長禄

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android