コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以船文済 いせん ぶんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

以船文済 いせん-ぶんさい

1457-1547 室町-戦国時代の僧。
長禄(ちょうろく)元年生まれ。密教をまなんだが曹洞(そうとう)宗に転じ,下野(しもつけ)(栃木県)大中寺の培芝正悦(ばいし-しょうえつ)に師事。のち甲斐(かい)(山梨県)広厳院の俊屋桂彦(しゅんおく-けいげん)の法をつぐ。天文(てんぶん)8年広厳院住持。武蔵(むさし)多西郡(たさいぐん)平井郷(東京都)の宝光寺をひらいた。天文16年9月10日死去。91歳。武蔵豊島郡(東京都)出身。俗姓は岡部。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

以船文済の関連キーワード長禄上之国館跡ヘンリーHenry足利政知コシャマインコシャマイン忠義王中原康富フランソワ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone