箱入り(読み)ハコイリ

デジタル大辞泉の解説

はこ‐いり【箱入り】

箱に入れてあること。また、箱に入っているもの。「箱入りのチョコレート」
大切にしまっておくこと。また、大切にしているもの。「箱入りのひとり息子」
「この練れた―の思案を聞いて手本にせよ」〈浮・曲三味線・四〉
箱入り娘」の略。
とっておきで得意とすること。また、そのような芸や技。十八番。おはこ。
「―の芸に山崎与次兵衛の奴を浅尾為十郎が身ぶり物真似で」〈浮・銀持気質〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はこいり【箱入り】

(破損を防いだり、進物用として)箱にはいっていること。また、はいっているもの。 「 -の菓子」
(箱の中にしまっておくように)大切にすること。また、その物や人。 「もとより-の生娘きむすめならねば/にごりえ 一葉
得意とする物事。箱。 「 -の芸/浮世草子・銀持気質」 → おはこ
「箱入り娘」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箱入りの関連情報