十八番(読み)じゅうはちばん

精選版 日本国語大辞典「十八番」の解説

じゅうはち‐ばん ジフハチ‥【十八番】

〘名〙
随筆・三升屋二三治戯場書留(1837)上「右拾八番といふ事昔より歌舞妓狂言のいいならはしにて」
② 一般的に、その人の最も得意とするもの。得意の芸。おはこ
人情本・春色江戸紫(1864‐68頃)三「例の十八番を言ってりゃ〈略〉唯余所(よそ)の咄にして仕舞ひまはアナ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十八番」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十八番の言及

【歌舞伎十八番】より

…7世市川団十郎が制定した18の演目をいう。7世団十郎は,1832年(天保3)3月に長男の海老蔵に8世団十郎を襲名させ,自身は海老蔵を名のると発表したときに配った刷り物に,初めて〈歌舞妓狂言組十八番〉と題して18種の名目を掲げた。その後,40年の《勧進帳》初演に際し〈歌舞伎十八番の内〉と口上看板に明記した〈十八番〉を〈おはこ〉と呼び,得意芸の意にもつかわれるようになったが,なぜ18の数に決めたかは明らかでない。…

※「十八番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android