コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八番 ジュウハチバン

デジタル大辞泉の解説

じゅうはち‐ばん〔ジフハチ‐〕【十八番】

歌舞伎十八番」の略。
その人のいちばん得意とすること。得意の芸。おはこ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おはこ【十八番】

〔箱に入れて大切にしておく意からとも、市川家の家の芸歌舞伎十八番の台本を箱入りで保存したことからともいう〕
最も得意な芸。得意とする技。じゅうはちばん。 「そろそろ彼の-が出そうだ」
(転じて)その人のよくする動作・行為や口にする言葉。くせ。 「また君の-の引っ越しかい」

じゅうはちばん【十八番】

「歌舞伎十八番」の略。
最も得意とする芸。いちばん得意な事柄。おはこ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の十八番の言及

【歌舞伎十八番】より

…7世市川団十郎が制定した18の演目をいう。7世団十郎は,1832年(天保3)3月に長男の海老蔵に8世団十郎を襲名させ,自身は海老蔵を名のると発表したときに配った刷り物に,初めて〈歌舞妓狂言組十八番〉と題して18種の名目を掲げた。その後,40年の《勧進帳》初演に際し〈歌舞伎十八番の内〉と口上看板に明記した〈十八番〉を〈おはこ〉と呼び,得意芸の意にもつかわれるようになったが,なぜ18の数に決めたかは明らかでない。…

※「十八番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十八番の関連キーワード春風亭 柳好(3代目)五明楼 玉輔(4代目)三遊亭 金馬(3代目)帰天斎 正一(3代目)柳家 つば女(6代目)三遊亭 円右(1代目)笑福亭 円笑(3代目)三笑亭 可楽(5代目)若松 若太夫(2代目)玉川 勝太郎(2代目)浪花家 辰造(3代目)玉川 勝太郎(3代目)港家 小柳(4代目)蜃気楼 龍玉(初代)桂 ざこば(1代目)日吉川 秋水(初代)笑福亭 福松(初代)鼈甲斎 虎丸(初代)桂 文楽(4代目)桂 ざこば(初代)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十八番の関連情報