箱河豚(読み)ハコフグ

デジタル大辞泉の解説

はこ‐ふぐ【箱河豚】

ハコフグ科の海水魚。沿岸にすみ、全長約30センチ。体は断面が四角形、体色は黄色か黄褐色で、各鱗板(りんばん)に青色点がある。本州中部以南に分布。 冬》
フグ目ハコフグ科の海水魚の総称。体は多数の鱗板からなる堅い甲に包まれ、横断面が四角形ないし五角形の箱形。腹びれはない。肉・内臓は無毒。ハコフグ・ウミスズメなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はこふぐ【箱河豚】

フグ目の海魚。全長約25センチメートル。体形は箱状。腹びれがなく、ほぼ全身が硬い甲板で包まれる。黄色の地に淡青色の円斑が多数散在する。皮は有毒で、肉は無毒。本州中部以南の沿岸に分布。ハコフグ科の七種をも含めて総称することが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箱河豚の関連情報