コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箸洗い ハシアライ

デジタル大辞泉の解説

はし‐あらい〔‐あらひ〕【箸洗い】

会席献立で、料理の間に口改めのため小さな器で出される、あっさりした吸い物懐石では八寸の前に出る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

はしあらい【箸洗い】

懐石で、一汁三菜(さらに、あれば預け鉢)のあと、酒の献酬(けんしゅう)をする前に出す、口直しの吸い物。ごく薄味の汁物を小さな椀に入れて出す。◇「一口吸い物」「小吸い物」「湯吸い物」ともいう。⇒懐石

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はしあらい【箸洗い】

〔箸を洗い清める意〕
小さな椀に出される薄味の吸い物。一汁三菜・亭主相伴のあと、八寸の前に出される。一口ひとくち。湯吸い物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

箸洗いの関連キーワード一口吸い物小吸い物椀澄まし汁梅仕立て湯吸い物薄味

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android