コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八寸 ハッスン

デジタル大辞泉の解説

はっ‐すん【八寸】

1寸の8倍の長さ。約24.2センチ。
懐石料理で、主客が杯の献酬をする際の取り肴(ざかな)。また、それを数種類盛り合わせる約24センチ四方の器。白木(しらき)製であるが、会席料理では塗りの木皿を使い、形も四角に限らない。八寸膳
近世、上野(こうずけ)国信濃国などから産した厚手の和紙。

や‐き【八寸】

馬の、背たけが4尺8あるもの。大きくたくましい馬をいう。馬のたけは4尺を標準とし、それ以上は寸だけで数えた。
「―の馬とぞきこえし」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

八寸【はっすん】

懐石に用いられる器具の一つ。8寸四方の杉木地折敷(おしき)。これに盛る料理も寸という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

はっすん【八寸】

①懐石に用いる器の一つ。杉木地で8寸(約24cm)四方の縁のある盆。
②懐石で、「①」に盛った料理。一汁三菜(さらにあれば預け鉢)などの食事が済み箸洗いが出たあと、亭主と客が酒の献酬(けんしゅう)をする際に肴(さかな)として珍味などを盛った「①」を亭主が持ち出し、客に一人ずつ取り分ける。動物性のものと植物性のもの2種を盛ることが多い。⇒懐石
会席料理などの日本料理で、酒のになる料理を数種、少量ずつ一皿に取り合わせたもの。◇「口代わり」「口取り」ということもある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

はっすん【八寸】

一寸の八倍の長さ。
懐石料理で、八寸角の器。また、それに盛った料理。赤杉の木地で作った盆に、三種から五種の珍味などを少量ずつ盛る。
近世の和紙の一種。上野こうずけ(群馬)・信濃(長野)などに産した厚紙。
一尺八寸」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

はっすん【八寸】

➀懐石に用いる器の一つ。杉木地で8寸(約24cm)四方の縁のある盆。
➁懐石で、「➀」に盛った料理。一汁三菜(さらにあれば預け鉢)などの食事が済み箸洗いが出たあと、亭主と客が酒の献酬(けんしゅう)をする際に肴(さかな)として珍味などを盛った「➀」を亭主が持ち出し、客に一人ずつ取り分ける。動物性のものと植物性のもの2種を盛ることが多い。
➂会席料理などの日本料理で、酒の肴になる料理を数種、少量ずつ一皿に取り合わせたもの。◇「口代わり」「口取り」ということもある。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

八寸の関連キーワード口代わり/口替わり針ヶ谷夕雲文木・文尺曲尺・矩尺日本左衛門懐石用具一尺八寸名古屋帯普化尺八二尺八寸吉野紙田宮流取り肴草とん乱れ足強い肴茶道具八咫鏡八寸釘伊勢間

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八寸の関連情報