一汁三菜(読み)イチジュウサンサイ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いちじゅうさんさい【一汁三菜】

1種類の汁物と、3種類のからなる、日本料理の基本的な膳立て。菜は普通、なます・煮物・焼き物の3種。ただし日常の家庭料理についていう場合などには、料理の種類にかかわらず用いることが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

いちじゅうさんさい【一汁三菜】

汁一品と菜三品からなる膳立て。菜は、普通、膾なます・煮物・焼き物の三種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一汁三菜
いちじゅうさんさい

昔の簡単な食事の形式。一汁一菜は簡素の極みであるが、一汁三菜は一般型、一汁五菜はこころもち豪華となる。一汁三菜は一つの汁とほかに三つの菜が出てくるが、それはなます、平(ひら)(煮物)、焼き物の三つである。焼き物は盆にのせて別に進め、いったん盆を膳(ぜん)の正面に置いてから、焼き物を膳の上にのせる。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじゅう‐さんさい イチジフ‥【一汁三菜】

〘名〙 汁(しる)一品、菜三品からなる料理。手前に向かって右方に汁、左方に飯、向こう側の右方に膾(なます)、左方に平皿(ひらざら)を付け、中央に香の物を付ける日本料理の基本的な膳立(ぜんだ)て。
※鹿苑日録‐天文一三年(1544)一二月一五日「斎、軒中衆転本坊看坊、経衆七条也。一汁三菜也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一汁三菜の言及

【懐石】より

…ちなみに,この写本の《槐記》は,すべて会席で通されている。今日では,茶席の料理,すなわち高級料理の印象を与えるようになっているが,本来茶席での食事(懐石)は,一汁三菜であって質朴を旨としている。味噌仕立ての汁に,向付(饗膳でいう鱠(なます)),煮物(野菜と鳥肉または魚類の焚き合せ),焼物(切身の魚)の三菜で構成される。…

※「一汁三菜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一汁三菜の関連情報