節香徳忠(読み)せっこう とくちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

節香徳忠 せっこう-とくちゅう

1475-1570 戦国時代の僧。
文明7年生まれ。曹洞(そうとう)宗。仲孚正異(ちゅうふ-しょうい)の法をつぐ。大永(たいえい)元年甥(おい)にあたる信濃(しなの)(長野県)前山城主の伴野貞祥(ともの-ていしょう)創建の貞祥寺の開山(かいさん)となる。永禄(えいろく)13年2月15日死去。96歳。俗姓は伴野。諡号(しごう)は円明禅師

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android