貞祥寺(読み)ていしょうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貞祥寺
ていしょうじ

長野県佐久(さく)市前山(まえやま)にある曹洞(そうとう)宗の寺。洞源(とうげん)山と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1521年(大永1)前山城主伴野佐衛門佐貞祥が、祖父光利と父光信の追善のため、仏光円明(ぶっこうえんみょう)を開山として開創した。山号は光利の法号、寺名は佐衛門佐の名による。武田信玄(しんげん)、小諸(こもろ)城主仙石秀久(せんごくひでひさ)、徳川家光(いえみつ)らの保護を受けて栄えた。現在の堂宇は貞享(じょうきょう)年中(1684~88)の建立と伝えられる。寺宝には二十五条袈裟(けさ)、徳川家康像、伴野貞祥像、達磨(だるま)像、五祖像、出山釈迦像、武田信玄朱印状、依田(よだ)氏寄進状などがある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android