コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

範淳 はんじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

範淳 はんじゅん

1814-1867 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化11年生まれ。常陸(ひたち)茨城郡の宝幢(ほうどう)院の住職。元治(げんじ)元年(1864)天狗(てんぐ)党の乱に際し,水戸藩執政榊原(さかきばら)新左衛門にしたがう。那珂湊(なかみなと)の戦いで幕府軍に投降した榊原とともに捕らえられ,慶応3年2月8日江戸で獄死した。54歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

範淳の関連キーワード運動家有仁尊攘

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android