コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篝り火花 かがりびばな

1件 の用語解説(篝り火花の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

篝り火花

シクラメンの和名。クリスマス前後の花屋の店頭に飾られるので冬の花と思いがちだが、それは温室での栽培種だからで、俳句ではシクラメンは春の季語。この花はサクラソウ科多年草で、地中海東部の原産。春の季語に取り入れられているのは、三月頃下向きに花をつけるため。長い柄のハート形の葉に白斑がある。一重、八重などの種がある。ヨーロッパで「豚の饅頭」といわれるのは、放し飼いの豚がその球根を食べるので。
シクラメン花のうれひを葉にわかち\久保田万太郎

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone