コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篝り火花 かがりびばな

とっさの日本語便利帳の解説

篝り火花

シクラメンの和名。クリスマス前後の花屋の店頭に飾られるので冬の花と思いがちだが、それは温室での栽培種だからで、俳句ではシクラメンは春の季語。この花はサクラソウ科の多年草で、地中海東部の原産。春の季語に取り入れられているのは、三月頃下向きに花をつけるため。長い柄のハート形の葉に白斑がある。一重、八重などの種がある。ヨーロッパで「豚の饅頭」といわれるのは、放し飼いの豚がその球根を食べるので。
シクラメン花のうれひを葉にわかち\久保田万太郎

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

篝り火花の関連キーワードシクラメン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android