(読み)カガリ

  • ×篝

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
鉄製のかごの中に松材を盛って燃やす火。夜中の警護、照明、または漁猟の際などに用いる。かがりび。
※万葉(8C後)一九・四一五六「島つ鳥 鵜飼伴なへ 可我理(カガリ)さし なづさひ行けば」
※平家(13C前)一一「おのおのの船には篝なともいそ。義経が舟を本舟として、ともへのかがりをまもれ」
② ①をたくために使う鉄製のかご。かがりかご。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※太平記(14C後)四「大炊御門油小路の篝(カカリ)、小串五郎兵衛尉秀信召捕て」
④ 植物「まんじゅしゃげ(曼珠沙華)」の異名。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉曼珠沙華「関西ではカガリというそうだが、かがり火のように燃えているとみたのだろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【篝火】より

…鉄製の籠の中で薪をたいて照明する火をいい,またその鉄製の籠を篝という。〈かがり〉は〈輝り〉の意であるという。…

※「篝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android