コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠原自遁 しのはら じとん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠原自遁 しのはら-じとん

?-? 戦国-織豊時代の武将。
阿波(あわ)(徳島県)板野郡の木津城主。三好義賢(よしかた)・長治(ながはる)につかえる。義賢の死後,その夫人大形殿と通じ,これをいましめた篠原長房讒言(ざんげん)によってほろぼす。天正(てんしょう)10年(1582)長宗我部元親(ちょうそかべ-もとちか)に居城を攻められ,和泉(いずみ)(大阪府)にのがれたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠原自遁の関連キーワード柿原源吾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android