コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好義賢 みよし よしかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好義賢 みよし-よしかた

1526-1562 戦国時代の武将。
大永(たいえい)6年生まれ。三好元長の次男。阿波(あわ)(徳島県)の守護細川持隆重臣。天文(てんぶん)22年(1553)持隆を暗殺,その子細川真之(さねゆき)をたてて実権をにぎる。兄長慶(ながよし)の畿内平定に協力,永禄(えいろく)3年畠山高政を攻め河内(かわち)(大阪府)高屋城にはいった。5年3月5日畠山軍の反攻で戦死。37歳。茶人としても著名。別名に之康など。号は実休。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三好義賢

没年:永禄5.3.5(1562.4.8)
生年:大永6(1526)
戦国時代の武将。元長の子,長慶の弟。幼名千満丸,別名之康,之虎,元康。入道して実休。豊前守。阿波守護細川持隆の被官。兄長慶が摂津越水城主の間,阿波にあって兵を蓄え,天文15(1546)年秋,細川氏綱と戦う兄長慶を助けるため出兵して堺に上陸,翌年7月の舎利寺の戦で氏綱・遊佐長教連合軍を大破した。これにより長慶は長教と政略婚を結び,後年畿内に覇を唱える基をなした。一方義賢は同22年6月,弟十河一存の援助を得て主君持隆を阿波勝瑞城に暗殺,遺子真之を傀儡として国主に立て,自らは阿波に実権を握った。長慶の専制時代である同23年10月には長慶,弟安宅冬康と淡路洲本に会して領国経営の情報交換を行い,その翌月冬康,篠原長房らと共に明石に上陸,大山寺まで進駐して別所城の三木次郎を下した。永禄1(1558)年8月には再び長慶の要請で兵庫に上陸,この武力を背景に長慶は将軍足利義輝と和睦した。翌々年長慶が河内併合を決すると,義賢はその先鋒として四国の兵を率いて尼崎に上陸,河内十七箇所を経て藤井寺に進駐,高屋城の守護代安見直政を攻めて同10月末陥落させ,河内国主,高屋城主となった。しかし同4年7月,河内の旧国主畠山高政が根来寺と連合して紀伊から北上,翌年3月,和泉久米田において根来鉄砲隊の往来右京の手にかかり討死した。義賢は三好領国の四国と畿内を結ぶ紐帯であり,その死は同政権の衰退を早めた。<参考文献>長江正一『三好長慶

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三好義賢の関連キーワード四宮与吉兵衛徳島(県)篠原自遁三好長治新加制式岡本牧西三好実休佐野平明妙国寺阿波国十河城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android