コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠崎彦十郎 しのざき ひこじゅうろう

1件 の用語解説(篠崎彦十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠崎彦十郎 しのざき-ひこじゅうろう

1826-1868* 幕末の武士。
文政9年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。物頭格をへて,江戸藩邸留守居となる。慶応3年西郷隆盛の命をうけた益満休之助(ますみつ-きゅうのすけ)らが浪士をあつめて幕府側を挑発。江戸取り締まりの鶴岡藩兵を主力とする幕府軍に江戸藩邸を砲撃され,慶応3年12月25日戦死。42歳。本姓は名越。名は仲苗。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

篠崎彦十郎の関連キーワードハウフ戊辰戦争藩学一覧クルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone