コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠崎彦十郎 しのざき ひこじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠崎彦十郎 しのざき-ひこじゅうろう

1826-1868* 幕末の武士。
文政9年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。物頭格をへて,江戸藩邸留守居となる。慶応3年西郷隆盛の命をうけた益満休之助(ますみつ-きゅうのすけ)らが浪士をあつめて幕府側を挑発。江戸取り締まりの鶴岡藩兵を主力とする幕府軍に江戸藩邸を砲撃され,慶応3年12月25日戦死。42歳。本姓は名越。名は仲苗。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

篠崎彦十郎の関連キーワード薩摩藩邸焼打ち事件

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android