鈴懸の木(読み)スズカケノキ

デジタル大辞泉の解説

すずかけ‐の‐き【鈴懸の木】

スズカケノキ科の落葉高木。街路樹に多く用いられ、樹皮は大きくはげて白と淡緑色のまだらになる。葉は切れ込みがあって大きい。4月ごろ、黄緑色の雌花と雄花をつける。秋には丸い実が鈴をかけたようにつく。アジア西部の原産で、日本に明治末に渡来。 花=春》
スズカケノキ科の双子葉植物の総称。1属10種が北半球に分布。アメリカスズカケノキなど。プラタナス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android