上衣(読み)ジョウイ

精選版 日本国語大辞典の解説

うわ‐ぎぬ うは‥【上衣】

〘名〙
① 束帯の上衣。位階によって色を異にする。うえのきぬ。(ほう)
※太平記(14C後)一三「袖単(ひとへ)白くしたる薄紅(うすくれなゐ)の袍(ウハキヌ)に」
② いちばん上に着る衣服。うわぎ。
※枕(10C終)八三「あるかなきかなる薄鈍、あはひも見えぬうはぎぬなどばかり、あまたあれど」

じょう‐い ジャウ‥【上衣】

〘名〙 (古く「しょうい」とも) 下着などの上から着る衣服。うわぎ。
※応永本論語抄(1420)郷党第一〇「若余所へ行ときは必上衣を加る也」 〔董越‐朝鮮賦〕

じょう‐え ジャウ‥【上衣】

〘名〙 (「え」は「衣」の呉音) =じょうい(上衣)
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「各各にみに、きたるところの上衣(シャウエ)(〈注〉ヨキコロモ)をぬぎて、もてほとけに供養したてまつる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上衣の言及

【能装束】より

…徳川家をはじめ,井伊家,池田家,細川家,前田家などの大名家に守り伝えられた能装束は,今日もなお一部が保存されている。
[装束の種類]
 広義の能装束は,用途上から分類すると,仮髪(かはつ),かぶり物,上衣(うわぎ)の類,着付(きつけ)の類,上衣・着付両用の類,袴の類,その他に分けられる。なお〈着付〉という言葉は,装束を着ることそのものを指す場合もあるが,能においては着装のことを物着せと称するのが普通であり,本稿で〈着付〉と記すのはすべて装束の種類としての〈着付の類〉で,小袖類の唐織,厚板(あついた),摺箔(すりはく),縫箔(ぬいはく)(繡箔(ぬいはく))などを意味する。…

※「上衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上衣の関連情報