コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米倉昌言 よねくら まさこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉昌言 よねくら-まさこと

1837-1909 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)8年3月9日生まれ。米倉昌寿(まさなが)の4男。万延元年武蔵(むさし)金沢藩(神奈川県)藩主米倉家8代となる。大坂加番,一橋門番,大番頭(おおばんがしら),横浜取締方などをつとめる。明治2年藩名を六浦(むつら)藩とあらためた。子爵。明治42年2月27日死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米倉昌言の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門リービヒ伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世マン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android