米倉晴継(読み)よねくら はるつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉晴継 よねくら-はるつぐ

?-1569 戦国時代の武士。
米倉重継(しげつぐ)の子。米倉忠継(ただつぐ)の兄。甲斐(かい)(山梨県)の人。武田氏につかえ,大将甘利晴吉(あまり-はるよし)に属した。永禄(えいろく)5年武蔵(むさし)松山城(埼玉県)の戦いで銃弾にあたって深手をおったが回復する。12年4月28日駿河(するが)(静岡県)薩埵(さつた)山の戦いで討ち死に。通称は彦次郎,のち主計。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android