コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山城 まつやまじょう

日本の城がわかる事典の解説

まつやまじょう【松山城〈埼玉県〉】

埼玉県比企郡吉見町にあった室町時代から戦国時代にかけての平山城(ひらやまじろ)。菅谷館跡(比企郡嵐山町)、杉山城跡(同町)、小倉城跡(比企郡ときがわ町・嵐山町・小川町)とともに「比企城館跡群」として一括で国指定史跡となっている。ふもとを流れる市野川を天然の堀として、丘上に建設された城郭である。高低差をうまく活用した曲輪(くるわ)の配置と域の面積の50%を占めるといわれる大規模な空堀などから難攻不落の城といわれていた。松山城には小野篁、平信清(淳和天皇の第2皇子)、源経基、源頼信、新田義貞などを築城者とする伝承・伝説があるが、詳細は不明である。室町時代前期の1399年(応永6)に、比企郡一帯を領有していた扇谷上杉氏被官の上田友直により本格的な城として整備され、上野国を拠点とする山内上杉氏や、下総国古河を拠点とする古河公方に対する前線拠点となった。その後、相模国の北条氏の勢力が拡大し、武蔵国への侵攻が激化すると、北条氏に対する備えの城として重視された。こうしたことから、戦国時代には松山城を舞台に激しい攻防や争奪が繰り返された。1537年(天文6)、北条氏綱は扇谷上杉氏が本城としていた川越城(河越城、川越市)を落城させ、その余勢をかって松山城に攻撃を加えた。扇谷上杉氏は難波田弾正憲重らの活躍によりこれを撃退して城を守り、河越城を失った扇谷上杉朝興は松山城に居城を移した。この攻防は、城将の憲重と北条方の攻将の山中主膳の間で和歌問答が交わされたことに由来して「松山城風流合戦」と呼ばれる。その後、朝興から家督を継いだ扇谷上杉朝定は川越城の奪還を試み、関東管領の山内上杉憲政、古河公方の足利晴氏とともに大軍で川越城を囲んだが、1546年(天文15)の河越夜戦で大敗を喫して上杉朝定は戦死、扇谷上杉氏は滅亡した。松山城は、この河越夜戦に勝利した北条勢により奪われたが、上田朝直や太田資正がこれを奪回した。しかし、その後上田朝直が北条氏に寝返ったために、松山城は再び北条方の城になった。1561年(永禄4)、越後の上杉政虎(上杉謙信)は松山城を攻略して岩槻城主の太田資正を城代にしたが、1563年(天文5)には北条氏康と武田信玄の連合軍が攻撃して落城させ、北条方の城となった。その後しばらくして、上田氏も城主として復帰している。1590年(天正18)の豊臣秀吉の北条氏攻め(小田原の役)では、豊臣方の前田利家や上杉景勝、真田昌幸らの大軍に包囲され落城した。徳川家康が関東に入部すると、松山城には松平家広が1万石で入城して、松山藩(のちに3万石)が成立した。しかし、1601年(慶長6)に家広は若くして死去したため異父弟の忠頼が継いだが、忠頼が遠江国浜松城5万石に加増・移封されたことにより松山藩は廃藩となり、松山城も廃城となった。その後、比企地域の旧松山藩領は川越藩領に組み入れられている。1806年(文化3)、川越藩主の松平直克が前橋藩に移封となり、その際、比企6万石は前橋藩の飛び地となり、これを治める陣屋が必要となったが、松山城跡は利用されず、松山城跡の西に松山陣屋(東松山市松葉町)が新設された。城跡は今日、城山と呼ばれているが、城山には空堀の遺構が比較的良好な状態で現存している。東武東上線東松山駅から徒歩約25分。または同駅からバスで百穴下車、徒歩約2分。◇全国各地にある同名の城と区別するため、武州松山城あるいは武蔵松山城と呼ばれることがある。

まつやまじょう【松山城〈愛媛県〉】

愛媛県松山市にあった平山城(ひらやまじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。松山平野の中央部に位置する勝山(標高132m)に築城、壮大な石垣の上に天守、小天守のほか多数の櫓(やぐら)がそびえる。関ヶ原の戦いで戦功があった加藤嘉明(よしあき)は、1602年(慶長7)勝山の地形を利用して新城の建設に着手した。勝山は、南北朝時代に南朝方が砦を築き、戦国時代には河野氏が前衛基地とするなど、重要な拠点であった。翌年、城は建設中にもかかわらず、嘉明は居城の松前城(まさきじょう)から勝山に移り、この城を松山城と命名した。嘉明の会津転封後の1627年(寛永4)、蒲生忠知(がもうただとも)が入封、二の丸などの整備を行った。嗣子(しし)がないため蒲生氏が断絶になったあと、1635年(寛永12)松平(久松)定行(さだゆき)が藩主となり、明治維新まで235年間つづいた。1784年(天明4)の落雷で焼失した天守は、1852年(嘉永5)に再建された。現在、城跡は史跡公園となり、天守のほか櫓、門、塀、石垣、堀が現存する。また、昭和時代の放火や空襲などで失った建築物は、ほとんどが復元されている。JR予讃本線松山駅から市内電車10分で大街道下車、徒歩5分。ロープウェイで山上へ。◇伊予松山城(いよまつやまじょう)、金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)ともいう。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつやま‐じょう〔‐ジヤウ〕【松山城】

愛媛県松山市にある旧松山藩の城。慶長7年(1602)から同19年にかけて加藤嘉明が築城。蒲生氏に続いて松平(久松)氏が在城。のち、天守閣は焼失したが再建。勝山城伊予松山城
岡山県高梁(たかはし)市にある旧備中(びっちゅう)松山藩の城。仁治元年(1240)創築。江戸時代に入り、代官小堀政一が修築天守閣が現存。高梁城備中松山城

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

松山城【まつやまじょう】

岡山県高梁(たかはし)市,臥牛山の頂上にある山城。中世から戦略上の拠点として知られ,1600年小堀遠州が改修。天守は天和年間に水谷勝宗が造営,山頂の岩盤の上に建てた2重2階の小さいもの。

松山城【まつやまじょう】

愛媛県松山市,勝山の上に建てられた平山城で,金亀城,勝山城とも。1603年加藤嘉明が築城,1605年5層の天守が完成。1642年松平定行が3層の天守に改修,1784年焼失,1854年に復旧。
→関連項目松山[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

まつやまじょう【松山城】

愛媛の米焼酎減圧蒸留した原酒を樫樽で長期貯蔵する。原料は米、米麹。アルコール度数25%、40%。蔵元の「桜うづまき酒造」は明治4年(1871)創業。清酒「桜うづまき」の醸造元。所在地は松山市八反地。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まつやまじょう【松山城】

松山市にある城。1602年加藤嘉明よしあきが起工。蒲生氏が継ぎ、さらに久松氏によって45年完成。1854年に築かれた天守などが現存。
岡山県高梁たかはし市にある山城。江戸時代には池田氏・水谷氏・板倉氏などがはいる。天和年間(1681~1684)水谷氏が築いた天守が現存。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

松山城の関連キーワード岡井藤志郎(おかいとうしろう)松山城らくトクセット券岡山県高梁市内山下愛媛県松山市丸之内ビッチュマン松山(岡山)松山(埼玉)愛媛県松山市岡井 藤志郎松山西口関門高梁[市]ニホンザル岡井藤志郎松山[市]米倉晴継松山平野宇和島城丸川義三足立重信三村元親

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山城の関連情報