コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米倉清族 よねくら きよつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉清族 よねくら-きよつぐ

1863-1931 明治-昭和時代前期の鉱業家。
文久3年1月12日生まれ。北海道庁,北有社をへて明治22年北海道炭礦鉄道にはいり,空知夕張炭鉱などの炭鉱長,技師長をつとめた。この間欧米各国の採炭事業を視察。44年南満州鉄道撫順炭鉱長。昭和6年10月26日死去。69歳。肥前佐賀出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

米倉清族の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイドイツ映画稲垣浩成瀬巳喜男グリュクスボー朝グリュックスボー朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android