米倉清族(読み)よねくら きよつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米倉清族 よねくら-きよつぐ

1863-1931 明治-昭和時代前期の鉱業家。
文久3年1月12日生まれ。北海道庁,北有社をへて明治22年北海道炭礦鉄道にはいり,空知・夕張炭鉱などの炭鉱長,技師長をつとめた。この間欧米各国の採炭事業を視察。44年南満州鉄道撫順炭鉱長。昭和6年10月26日死去。69歳。肥前佐賀出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android