コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米川敏子(初代) よねかわ としこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米川敏子(初代) よねかわ-としこ

1913-2005 昭和-平成時代の地歌・箏曲(そうきょく)家。
大正2年2月2日生まれ。米川琴翁の長女。父に生田流の箏と三弦を,平岡次郎に作曲をまなぶ。昭和23年独立して麗調会を主宰,57年父の創立した研箏会と合併し3代家元となる。作品に「千鳥と遊ぶ智恵子」「苔水」などがある。平成8年人間国宝。14年芸術院賞。15年文化功労者。平成17年12月13日死去。92歳。兵庫県出身。牛込高女卒。本名は江藤敏子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

米川敏子(初代)の関連キーワード箏曲地歌

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android