コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米搗蟹 コメツキガニ

デジタル大辞泉の解説

こめつき‐がに【米××蟹】

十脚目スナガニ科のカニ。干潟にすむ。甲は球形で、甲幅約1センチ。各脚の長節小判形で、鼓膜のような聴覚構造がある。はさみを上下に動かしてを口に入れ、有機物を食べたあとの残りを砂の団子にする。名は、はさみを上下に動かすのを米つきに見なしたことに由来。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こめつきがに【米搗蟹】

〔はさみをゆっくり上げ、急に下げる動作を繰り返すのでいう〕
海産のカニ。甲長8ミリメートルほどで、半球形。長い脚節に長円形の薄膜があり、聴覚器官と考えられている。内湾や河口近くの砂泥に群生し、泥中の有機物を食う。北海道以南に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

米搗蟹 (コメツキガニ)

学名:Scopimera globosa
動物。スナガニ科のカニ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

米搗蟹の関連キーワード聴覚器官分布内湾泥中薄膜海産

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android