米穀配給統制法(読み)べいこくはいきゅうとうせいほう

精選版 日本国語大辞典の解説

べいこく‐はいきゅうとうせいほう ‥ハイキフトウセイハフ【米穀配給統制法】

〘名〙 需給の円滑と価格の適正をはかるため、米の配給機構に必要な体制整備について定めた法律。昭和一四年(一九三九)公布、同一七年食糧管理法の制定により廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の米穀配給統制法の言及

【食糧管理制度】より

…これ以後,昭和農業恐慌対策としての31年の米穀法改正(米穀輸出入の許可制,安定価格帯制度の導入),33年の米穀統制法(最低価格による政府の無制限買入義務),36年の米穀自治管理法(過剰米の市場供給制限のための産地貯蔵)など,38年までは米穀の市場流通を前提とした間接統制を通じた過剰対策が主眼となっていた。 しかし,37年に開始する日中戦争の影響による国内生産縮小,朝鮮・台湾での消費増加による移入量減少は39年に米需給を一挙に迫基調に転換させ,米穀政策は米穀配給統制法(米穀取引所廃止,米穀商の許可制)・価格等統制令(米価公定)制定を通じて不足対策に転換する。40年には臨時米穀配給統制規則に基づいて,産業組合による一元集荷,政府の買入れ,米穀商統制団体による配給という流通の直接統制がしかれ,米穀管理規則に基づいて自家飯米以外の全量政府買入れが制度化された。…

※「米穀配給統制法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米穀配給統制法の関連情報