粗金の(読み)あらかねの

精選版 日本国語大辞典「粗金の」の解説

あらかね‐の【粗金の】

(後世「あらがねの」) 粗金がの中にあるところから「土(つち)」にかかる。一説に、「金属を打ちきたえる(つち)」というつづきで、同音の「土」にかかるとも(随筆・年々随筆(1801‐05))。
※昌泰元年亭子院女郎花合(898)「あらかねの土の下にて秋経しは今日の占手(うらて)を待つ女郎花(をみなへし)
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「(アラカネ)の土割(つちわり)手づからに畑打ち、女は麻布織延(をりのべ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「粗金の」の解説

あらがね‐の【粗金の】

[枕]粗金が土中にあるところから、また一説に、金属を打ちきたえるつちで同音の「つち」にかかる。
「―土のうへより」〈宇津保・祭の使

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android