粗金/鉱(読み)アラガネ

デジタル大辞泉の解説

あら‐がね【粗金/鉱】

《「あらかね」とも》
採掘したままで、まだ精錬していない金属。鉱石。
異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android