コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗金/鉱 アラガネ

デジタル大辞泉の解説

あら‐がね【粗金/鉱】

《「あらかね」とも》
採掘したままで、まだ精錬していない金属。鉱石。
異称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

粗金/鉱の関連キーワード電子ビーム溶解炉溶鉱炉・鎔鉱炉電解精錬法溶錬・熔錬金属の精製金(元素)金属の製錬青化製錬法電解製錬金管理法スラッジ造滓溶剤電解精製湿式製錬スラグ溶鉱炉粗金の灰吹法鉱滓精錬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android