コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗金/鉱 アラガネ

デジタル大辞泉の解説

あら‐がね【粗金/鉱】

《「あらかね」とも》
採掘したままで、まだ精錬していない金属。鉱石。
異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

粗金/鉱の関連キーワード電子ビーム溶解炉溶鉱炉・鎔鉱炉金属の精製溶錬・熔錬青化製錬法電解精錬法金(元素)金属の製錬湿式製錬電解精製造滓溶剤金管理法スラッジ電解製錬スラグ溶鉱炉灰吹法粗金の鉱滓精錬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android